西日から採光を得る設計にしたがかなり辛く

新しく我が家を建て替える土地は南東から南側にかけて山が迫り、春先でも昼前位にならないと日照が射さないという条件。一方西向きは遮る物が殆ど無く、必然的に重点的に採光を得るのは西側から、というコンセプトで設計してもらったのです。

実際に完成した我が家は午後を中心に日照や明るさに恵まれる事となりましたが、さすがに陽が高くなると西日が強くなり過ぎて、採光部となるサッシや窓の周辺部が色褪せ日焼けしてしまう等、弱点も出てきてしまったのでした。

最終的には厚手のカーテンで覆い西日やそれによる日焼けを防ぐ事となりましたが、やり過ぎは室内を暗く陰鬱にしてしまう可能性もあり、上手い調整が必要。もちろん不在時は全く調整が出来ませんから、常にカーテンを閉じなければならず、帰宅時の陰鬱な雰囲気がどうしても印象に残ってしまうものでした。

後にしっかりとしたブラインドを追加で取り付け、カーテンを利用しなくとも済む様になりましたが、西日の扱いのデリケートさや大変さを身を持って知る事となったのです。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室