慎重に決めたいマイホーム購入

木造の一戸建ての中古の住宅が物件として出てきて、駅に近くて立地が良い、でもちょっと古いのでどうしようかという気持ちになることがあります。この場所には新築の物件は出てこないし、ここに住めるのは理想的、でも家が古いのであまり耐久性がないのではないのか、あるいは新しさを感じないルックスがあまり好きになれないということもあるでしょう。そんな時には判断に迷うものですが、どのくらいの期間住めればいいのか、そんなことも関係してくるかもしれません。確かに数年でリフォームが必要になってしまうような中古の住宅では安く購入ができても嬉しいのはその時だけであり、後でリフォーム費用が重くのしかかってしまうことになります。業者は売りたいので必死に問題がないことをアピールしてくるかもしれませんが、できるだけ住宅に詳しく幅広い見方のできる人にチェックしてもらうことも必要になるかもしれません。絶対に失敗のできない大きな買い物になるだけに慎重さが求められます。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。