新築時の思い出は金額によるプレッシャー

マイホームを建てた時は、お金が一気になくなった不安もありました。長年憧れていたマイホームが完成した喜びもあるものの「とてつもなく大きな買い物をしてしまった」という不安というか、大きなプレッシャーを感じたのもありましたね。ですからやっぱり今思い出しても「なんか大きな不安を感じた」ということを思い出すわけです。

やっぱり、できる限りマイホームのお金を払っておきたいじゃないですか。ですから貯金をいくらか残して、そして頭金を出すように努力したのです。そしてその前に、マイホームを建てる前の土地代にしても現金を払いましたから。

ですから一気に現金がなくなったのですよね。その点において不安が大きかったのを覚えています。それに住宅ローンの金額にしても、いつもの自分の生活からしたら金額が大き過ぎてプレッシャーを感じましたね。その話を会社でしたところ「マイホームあるあるだ」と言われましたね。

みんなこのようなプレッシャーを経て家を建てるのですね。そして新しい生活を送るんだなーと、思いました。今となってはいい思い出で、そしてボーナスの度にドカンと引かれる金額にもなれてしまっていますね。まあ毎回悲しいですけれど。ボーナス払いをしていますので。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室