脱衣所兼家事室だと少々息苦しい

一戸建てマイホームでちょっとした後悔と言えば、「家事室」についてですね。わが家は、脱衣所と兼務して家事室を作っています。家事室とは、文字通り家事をするための部屋のことで、わが家の場合はこれが脱衣所と兼ねているわけです。

バスルームがあって、脱衣所兼家事室が隣同士であるのです。脱衣所兼家事室は、少し広めのスペースになっていて、洗濯機があり洗面所があります。少し広めの家事室スペースですから、洗濯物を干せるのです。天井にはホスクリーンがついていて、洗濯物を干すスペースにもなっています。

しかしはっきり言って、別な部屋に家事室を設ければ良かったと思っています。今現在の生活で、家事室と脱衣所が兼ねられていることに不便を感じていますもん。確かにお客さんからは洗濯物が見えない作りになっていますが、しかし洗濯物が干されている部屋で洗面や脱衣をするのは、息苦しさを感じます。

ですからもしも今度家を作る際には、脱衣所と家事室は分けますね。今ちょっとした心残りは「家事室と脱衣所を分けなかったこと」ですから。