マイホームの不満点は冬場の結露の被害

マイホームの不満点といえば、冬場の結露がひどいことでしょうか。高断熱高気密住宅の方が冬場の結露がひどいとは聞いていたのですが、外との温暖差がとくにありそうな部屋に関してはひどいですね。窓ガラスに水滴がビッシリついていますので。

だからこそ、わが家はトイレと物置の部屋を結露がひどくなりそうな方角だと思われる「北」においたのですが、けれど全く影響がないわけではありませんから。北側のトイレにしても冬場の結露がひどいので、トイレ窓から床へと水滴がつたってきてしまって、一部の床がふにゃんと曲がっていますからね。

大げさに曲がってしまっているわけではないのですが、しかし目で確認しても「あ、曲がってるなー」とわかる程度には曲がっています。冬場の結露によって、トイレのフローリングが多分に水分を含んでしまって、そして曲がってしまったのでしょうね。なんともショックなことですよ。

かといって子供部屋やリビングではなくトイレですから、フローリングの張替えリフォームをする気にはなれずにそのまんまにしていますが、しかし気にはなっています。でも、対策のしようもないように思うのですが。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室